中国のミステリーサークル

2006101701

2006101702  中国の内陸部、タクラマカン砂漠とゴビ砂漠に挟まれた何もないような所だけど、直径300メートルの円形の奇妙な地形がある。影から判断すると、ストーンヘッジのように同心円上に並べられた何層もの壁のような建築物があるようにも見える。もっと奇妙なのは、その円の中心部に4機の戦闘機らしきものがあることだ。しかし、どう考えても、ここが航空施設であるわけがない。画面上部に白く雲のように見える部分も不可解だ。もし雲ならば、他の部分の影のつき方から考えて、地上に影が落ちるはず。もし、意図的に白く飛ばして隠しているのなら、なんらかの軍事施設なのではないかと考えられる。地上についた無数の2本線は、車両が移動した轍と思われるが、戦闘機のスケールから判断すると、かなり大型車両? いずれにしても、私にはよくわかりましぇん。ひょっとして地下核実験の跡なのだろうか?? これに関して事情通の方がいましたら、コメントよろしくお願いします。

Google Earthをインストールしている人は、以下のリンクをクリック。自分の目で確認してほしい。
■中国のミステリーサークル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です